学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

「この手は、札幌から来て札幌に帰るんだね」

「握手してもいい?」
私の手をしっかり握って、被災地の青いジャージ姿の子はこう言いました。
「この手は、札幌から来て札幌に帰るんだね」


6/14のブログ『子どもたちの受け入れと物資の支援』に、たくさんのアクセスをいただき、ありがとうございました。
支援物資も、大きなダンボール5箱分集まりました。
早速、20日(月)に、石巻・仙台の子どもたちに送らせていただきます。

物資の支援は、これからも続けていきます。
時間の経過とともに、被災地で必要とされるものは変わってくるでしょう。
必要とされるものを、必要とされるときに送りたいと思っています。


子どもたちの受け入れ体制も、順調に整っています。

『北の大地ですごす夏休み
~みどりの風に吹かれてみようよ~』


昨夜も10時過ぎまで、北海道大学教育学部大学院生有志のみなさんと、子どもたちの受け入れについて話し合いをしました。

放射能の不安を日々感じて生活している方たち。
また、津波によって壊滅的な被害を受けた光景を目の当たりにして暮らしている沿岸部の方たち。
双方の思いの重なり・違いなど、お伝えすることが出来て良かったです。

フォローアップスクールの生徒たちも、何が出来るかを考えてる・・・と、言ってくれています。
すこし、緊張気味なところがかわいいです。


参考ホームページ:北海道教育委員会



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 放射能汚染
ジャンル : 心と身体

Tag : 体験学習  勉強  震災  高校生  北大生 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/57-6ff3ba0c


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR