学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

サランラップとドーナツ

札幌YWCAには、毎日のように支援物資が届けられます。
みなさまには、本当に感謝しております

先月、休学中のYさんが、被災地に物資を送るための梱包作業を手伝ってくれました。
クレヨン、鉛筆、ノートなど、子どもたちが学校で必要なものばかり。
「私は勉強が嫌いだから」とか「これで絵を描くのかな?」「ワッ!かわいい鉛筆!」とか言いながら、一生懸命笑顔で梱包してくれました。

1週間後、Yさんはたくさんサランラップを持ってきました。
紙袋いっぱいのサランラップです。
「どうしたの?」と聞くと、
「先日、先生たちと一緒に荷物つめたじゃん。サランラップは無かったよね。
サランラップは傷口をふさぐのにスゴク役に立つんだよ。お皿にひいて食べ物を食べて、そのあとラップだけ捨てたら水を使わないし、衛生的なんだよ。
送ってあげて欲しいなと思って、家族で買ってきたんだ」

すごくうれしくて嬉しくて、「ありがとう」の言葉が出たのは数秒後でした。

Yさん「なに黙ってんのかな~と思った。必要ないのかなと思った」

私たち「違う違う。びっくりするくらい嬉しすぎたんだよ。Yちゃんの優しい気持ちが、嬉しかったんだよ」

何度も何度も「ありがとう」という言葉が出てきました。

最近は、休まないで通ってくるYさん。
お料理が好きだと言って、手造りのドーナツをごちそうしてくれました。
カフェボランティアの方や、放課後、教科学習に来る子たちは大喜びでした。

おとといの金曜日、
「高校行くの、考えてみようかな・・・。今すぐじゃないけどね。先生、どう思う?」と質問されました。

「いいんじゃない?Yちゃんが行きたくなった時に行ったらいいよ。その時は必ず来ると思うよ」

参考ホームページ:北海道教育委員会



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。


スポンサーサイト

テーマ : ちょっとした出来事
ジャンル : 日記

Tag : 体験学習  高校生  Cafe体験 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/51-5cb8bb8a


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR