学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

生徒とともに、支援物資の梱包作業

3/20の記事クリック)で、物資の支援を呼びかけましたところ、
絵本、玩具、哺乳瓶、ミルク、ミルトン、紙おむつ等、ダンボール6箱分の物資が集まりました。
ありがとうございます。
13日(水)、SEEDのみなさんとフォローアップスクールの生徒が一緒になって、梱包作業をし、発送いたしました。
16日(土)、福島の避難所から「届きました。ありがとうございました。」と、メールが入りましたことを、ご報告させていただきます。

4/5~7の3日間、被災地支援活動のため、成田康子が現地に入りました。
・訪問先で子どもたちに絵本やおもちゃが必要な時期になってきていることがわかった事
・学生ボランティアを中心とする日々の生活用品の買い出しと配達、配食サービス、部屋の片付けなどが行割れている事
・不登校・ひきこもりの子たちは防災訓練を受けていないこともあり、津波に巻き込まれ亡くなった子もいる事、逆に、学校に行ってないので助かったケースもある事

たくさんの報告を聞きながら、ひとつひとつ丁寧に梱包作業を進めていました。
「みなさんからいただいた支援物資が、どうか、必要とされている方達に確実に届きますように!」という気持ちで、黙々と作業をする姿がありました。

さて、避難所の子どもたちは、クレヨンがほしいとのことで、これからは学校に行くための文具(鉛筆、消しゴム、ノート)等が必要になってきます。
第2回目の支援として、クレヨンと文具を集めたいと思います。
よろしくお願いいたします。
■期間 4月18日~ 4月27日
■持込先 札幌YWCA(北区北7条西6丁目 クリスチャンセンター地下1階)
     TEL&FAX 011-728-8090
E-Mail sapporo@ywca.or.jp



参考ホームページ:北海道教育委員会



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。













スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

Tag : 北大生  支援活動  学生ボランティア 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/47-75d171f5


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR