学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

Uさん、ありがとう!京都でもがんばって!

春休み中、カフェボランティアに来てくれていたUさんは、4月から京都の大学に進学します。
引っ越し準備のため、18日(金)が最後のボランンティアの日でした。
彼女は、中学生の時、不登校を経験したことがあるので、体験できている生徒のそばに寄り添って、一緒にお菓子を作ったりお話をしたりしてくれて・・・。
生徒たちにとって、お姉さんのような存在でした。

特に仲よくしてた中学生の女の子は、表情が変わり、誰よりもお菓子作りを楽しんでましたから、お別れは辛いものでした。
私たちも、Uさんには感謝しています。
夏休みに帰省した時は、必ず遊びに来てくれるようなので、楽しみにしています

お知らせとお願い

札幌YWCA”SEED(シード)”は、子どもたちと関わるさまざまな活動に取り組んでいます。ただ今、新年度に向けてブログをリニューアル中です。もう少し、お待ちくださいね

Y's cafeに、東北関東大地震・津波・福島原発の事故で被災された方たちにたいしての、募金箱を設置いたしました。

物資の支援をお願いいたします
子ども用紙おむつ、粉ミルク、哺乳瓶、哺乳瓶の乳首、哺乳瓶の消毒液(たとえば「ミルトン」など)、離乳食、おしり拭きシート、生理用品
■期間 3月22日~ 3月31日
■持込先 札幌YWCA(北区北7条西6丁目 クリスチャンセンター地下1階)
     TEL&FAX 011-728-8090

被災者の方の受け入れについて
小さな子どもを抱えた方、高齢者、障がいのある方、外国人の方々で、避難地を必要とされていても遠方に身寄りがない等、お困りの方々の受け入れについて至急準備をすすめます。
大規模な受け入れはできませんが、私たちができる可能な範囲で協力の可能性があるか探ります。
【お問合せ先 札幌YWCA (成田)011-728-8090】


あわせて、ご覧ください。
「支援募金と緊急行動のお知らせ」

参考ホームページ:北海道教育委員会



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。


スポンサーサイト

テーマ : おしらせ
ジャンル : 学校・教育

Tag : 体験学習  中学生  震災 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/40-a30dd5cf


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR