学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

東京大学「DO -IT Japan!」のプログラムに参加して

東京大学「DO -IT Japan!」のプログラムに参加して
(NL12月号掲載・最終回)
札幌YWCAフォローアップスクール在籍 Hラ・サール高校 T/Y


DO-ITでは、大学でやるべき一番大切なことを学んだような気がします。
それは、自分で考え、動き、発信していくことなのだと思います。
すべての人が自分のことをすべて理解してくれることは、絶対にありません。そこで、自分でどうすれば納得してもらえるか、どうすれば自分の気持ちだけでも理解してもらえるかなど考えなければいけません。そこで自分が気が付いたのはいわば「ある程度のしつこさ・執着心」だと思いました。それも二回や三回ではなく、何十はたまた何百回ものしつこさだと思います。そこまでわかってもらいたいという思いが、そのしつこいという態度から伝わることもあるのではないかと。
 そこまでしつこくても、まだまだ学校側に認めてもらうまでは先が遠いのですが、先日学校で団体申込みしている自由参加の模試で、PCを利用して受験しました。
解答入力はパソコンだからといってそう簡単にはいかず、創意工夫すべき点や解答用紙に合わせて入力しなければならないという概念を捨てて、文字数や語数などの情報を付すことによってどのような解答なのかをわかるように工夫するなど、自分では考えることができなかった方法を今回の受験を通じて知ることができました。
また、日々の予習や問題演習などにおいて OneNote を利用した、ノート作成やその管理などが紙のノートに比べると容易にできるようになったと感じられます。今ではテキストなどを含めると300ページほどのノートを、インターネット上に保存して、さまざまな機器を用いて確認・編集をしています。そして、暗記についても、フォントの項目で文字の色と蛍光ペンの色を同じ色に設定して文字を消し、さらにその消えた部分をドラッグして反転させると消えていた文字が再び現れるという某暗記ペンと同じ効果を得られるということを発見し、繰り返し暗記しています。
今では自宅学習はパソコンでほとんど行っています。これが学校に持ち込めるようになれば、授業音声とノートの文章のリンクで大事なところを聞き逃さなくて済むようになったり、スキャナで教科書やプリント・ノートをスキャンして、パソコンに保存すれば、パソコンだけで済むので学校の行き帰りの荷物が軽くなって肩が凝らずに済んだり、テストで時間が足りず解ききれなかったりケアレスミスが多かったりすることが減ったりするので、もっと楽になるのですが、それはまだまだ難しそうです。
またDO-ITでは、毎月1回行われているチャットミーティングに参加して、疲れの取り方や休日の過ごし方など、障害や暮らす場所などが違ういろいろな人々から、新しい意見を知って、取り入れています。また、同期スカラーと一対一でSkype(音声通話ソフト)を利用して、話したりしています。(といっても、相手は高校二年生なので、僕が彼に相談することが多いです。)
これから、もっともっと自分とは何かを知るためにも、DO-ITなどを通じていろいろな人達の考えなどを取り入れていきたいなと思います。
追記:学校では配慮についてはまだなので、なにくそと勉強に燃えています。前回の試験でも一部の教科では、何とか上位に食い込んでいます。来月また試験があるので、頑張ります!



T/Y君、連載ありがとう!
たくさんの子どもたちが勇気をもらったと思います。
記事を掲載してから、東京大学のプログラムについての問い合わせを数件いただきました。
自分の道は、自分で切り開くんだよね。
「知は力なり」
今、自分のできることを精一杯やって、
前進あるのみ!


札幌YWCAのHP(←クリック)
Y'sカフェ(札幌YWCA運営)のブログ(←クリック)
札幌YWCA SEEDのブログ(←クリック)

札幌YWCAフォローアップスクールは
『札幌市フリースクール等民間施設事業費補助金』の交付を受けています。
フリースクール等民間施設事業費補助(クリック)

参考ホームページ:北海道教育委員会



札幌市 ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 札幌/北海道の地域ネタ
ジャンル : 地域情報

Tag : 東京大学プログラム 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/265-8e83c538


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR