学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

英語が飛び交う教室はにぎやか!

イギリス語学留学を終え、秋からアメリカ留学する生徒が通っています。
留学までの前半を札幌で過ごし、後半は関東の実家で過ごすようです。
札幌で過ごすひと月だけ、フォローアップスクールで学びます。

来年、ニュージーランドへ戻る生徒、フィリピンからの帰国子女、そしてアメリカに留学する生徒。
「忘れそうなら、英語で会話してもいいよ」と声をかけたら、
英語で会話を始めました。

すごいな~~
勉強になります

さて、YWCAの事務所には、”中2階部屋”があって、そこには天井に収納している階段を下ろして上がるのですが、
生徒たちはみたことがありませんから、大盛り上り。
どのように階段を下ろすのか?
中2階に上がったら、何があるのか?
泊まることができるのか?
電気は?トイレは?
帰国したとき、ホテル代わりに泊まりたい!!
上がったことのない屋根裏部屋に、生徒たちは興味津々です

また、私がスズメバチをサイクロン掃除機で吸い込んだことがあり、サイクロンに巻かれながら3分間は生きていたと教えると、
捕まえて、冷凍保存したらどうなるか?
解凍したら生きているか?
冷蔵庫だとどうなるのか?
仮死状態だろうか?

子ども達と会話をしていると、発見や不思議に気がついて、
時間を忘れてしまいます。
子どもたちも、ここに来なければ出会わなかった出会いを大切にしているようです。

柔軟で、概念にとらわれない発想が素晴らしいなって、
感心する毎日です。


帰り際、「こんなおばさん先生たちと、会話したことないでしょう?」と聞いたら、
「うん(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)」ですって・・・。

札幌YWCAのHP(←クリック)

札幌YWCA SEEDのブログ(←クリック)

札幌YWCAフォローアップスクールは
『札幌市フリースクール等民間施設事業費補助金』の交付を受けています。
フリースクール等民間施設事業費補助(クリック)

参考ホームページ:北海道教育委員会



札幌市 ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

Tag : スズメバチ  中学生  高校生英会話 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/219-14d9be88


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR