学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

「My trip to Education for Sustainable Development Program」

フォローアップスクール生徒の、
ユネスコ スタディツアー報告(2013年3月20~27日)
(前回の記事と写真←クリック)
Day 5 Paris 77

Day 5 Paris 91
(札幌YWCAニュースレター6月号掲載)

「My trip to Education for Sustainable Development Program」

I was born and raised in the Philippines and studied in a private school until second year high school. I started living in Sapporo, Japan in 2010 because of some reasons but the main reason why I am living here now is because of the excellent education of schools in Japan. From my own perspective, I see a great opportunity for students, local and international, to study to other countries. Another reason is because of the great universities Japan has. I think Japan is giving importance to education.
UNESCO has been continuously giving essay writing contests a few years ago and it will last only until the year 2014. Out of all the contestants, 12 high school students would only get chosen. The winners will go to Heidelberg, Germany and Paris, France to learn and share each school’s ideas and knowledge about sustainable development. Last November of 2012, I joined a na88tional essay writing contest for all UNESCO associated schools in Japan conducted by UNESCO. My school is one of the UNESCO associated schools and I decided to give it a try. The topic that was needed to be written was about “What can you do to make a sustainable future”. I was excited to write my essay. The first thing that came into my mind was the child poverty problems we have in the Philippines. As a child, I always see children who can’t go to school, can’t be provided by nice and clean clothes and can’t get anything enough to eat. Frankly to say, I can’t do anything. What can I do? I was only a child. I knew what it feels like to see them in that situation and I knew what it feels like to be guilty because I can’t do anything for them. This was my inspiration while I was writing my essay. It did matter to me if I get chosen because it would be my first step as an individual to help future generations stop from suffering in poverty. A few months later, the results were out and my essay was chosen. I went to German and French schools to learn more about the things they do for the environment and for the society. The best part was our visit to the main branch of UNESCO in Paris. It was very inspiring and educational. Now that I’m back here in Sapporo, I am currently working on how to implement what I’ ve learned. I am quite busy with all the things that I have learned from the Education for Sustainable program but I know it’s a great shot to give a try. This will be for preparing me to combat poverty as an adult someday. This is also for the people, especially for the children who are suffering in poverty around the world.


訳:「持続発展教育プログラム」を学ぶ旅

フィリピンに生まれ育ち、私立高校に2年生まで在学しました。2010年から札幌に住み始めた一番の理由は、日本の学校教育は素晴らしいものだからということです。私から見ると、公立の学校でもインターナショナルスクールでも、日本の学生には他国に行って学ぶ可能性があると思います。もう一つの理由は、日本にはよい大学があるということです。日本は、教育に重きを置いている国だと思います。
ユネスコは数年前から2014年まで、作文コンテストを開催しています。コンテスト参加者の中から、最終的に高校生12名が選ばれ、ドイツのハイデルベルグ、フランスのパリに、学び、持続可能な発展についてのそれぞれの学校のアイディアや知識をシェアするという機会が与えられます。2012年の11月、私はユネスコ加盟校の国内作文コンテストに応募しました。私の高校がユネスコスクールに加盟していたので、挑戦してみることに決めたのです。題材は、「持続可能な未来をつくるために何ができるか?」というものでした。私はエッセイを書くのがとても楽しみでした。まず私の頭に浮かんだのは、フィリピンの子ども達の貧困問題です。子供のころ、私はいつも、学校にいけない子どもたちや、清潔な衣服や十分な食料が与えられていない子ども達をみていました。正直に言うと、私は何もできませんでした。子供だったのです、何ができるでしょう?そのような立場で貧しい子どもたちをみて、何もできないということは罪悪感を感じることでした。これが、私の作文を書くときにひらめいたことでした。もし私がコンテストに選ばれたら、貧困に苦しむ未来の世代を助ける者としての私の初めの一歩になるだろうと思いました。私はドイツとフランスの学校で環境と社会の為にできることをもっと学びました。この旅で一番よかったのは、パリのユネスコ本部を訪問できたことです。とても感動し、学ぶことが多かったです。今は札幌に戻り、この持続可能教育プログラムで学んだすべてのことをどうやったら活かすことができるか、考えるのに忙しいです。すべて挑戦することには大きな意味があると思います。それが、私がいつか大人になって、貧困問題と戦うときの準備になると思います。そして、それがまた、世界中の貧困に苦しむ人々、とくに子どもたちのためになればと思います。                  


札幌YWCAのHP(←クリック)

札幌YWCAフォローアップスクールは
『札幌市フリースクール等民間施設事業費補助金』の交付を受けています。
フリースクール等民間施設事業費補助(クリック)

参考ホームページ:北海道教育委員会



札幌市 ブログランキングへ

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

Tag : 帰国子女  高校生ユネスコ 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/200-6c4e2e0e


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR