学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

学校とのかかわり方

「学校とは、どのようなかかわり方をしていますか?」という質問をいただきました。

例えば、

勉強が遅れている子の場合
普通教室で勉強し、放課後、校内にある”言葉の教室””心の教室”などで指導を受けている生徒の場合は、その教室の先生と連絡を取ります。
この子たちは、学習補完のために通ってきますから、「教室ではどのようなサポートをしているのか」などの情報を交換し、指導に生かしていきます。
そうすることによって、子どもが安心して勉強できます。
IQ60前後の子の場合、5教科500点満点中10~20点でしたが、今では65~80点取れるようになりました。
『安心』『信用』『認める』という関係を作ることが大事だと考えています。

いじめが原因で学校に行けない子の場合
親から「学校との間に入ってほしい」と相談を受けた場合は考えますが、
こちらから積極的に学校に対してアクションを起こすことはありません。


軽度の発達障害がみられる子は、私たちから見て、おそらく”いじめ”であろうと思われる事(突然、押されて転ばされたり、殴られれたりしてケガをする)を繰り返し経験したとしても、本人が”いじめ”と気付かない、あるいは”いじめられている”とは認めたくない気持ちが強い場合があり、大事になりかねません。
そういう時は、親と話をして、必要ならば担任の先生と連絡を取り合うことをしています。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。




スポンサーサイト

テーマ : 勉強と子供
ジャンル : 学校・教育

Tag : 中学生  体験学習  勉強 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/17-306352d1


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR