学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

それは遊びではありません。「いじめ」です。

「あっち向いてホイッ!」という遊びがあります。
ジャンケンに勝った子は、負けた子に対して「あっち向いてホイッ!」と、
指を上下左右に向けます。
負けた子は、その指の指し示す方向を向いたら負けです。
違う方向を向いたら、また、ジャンケンから始めます。

さて、この時、勝った子が、指で指し示すのではなく、
負けた子にビンタをはったらどうでしょう?
これは、反則です。ジャンケンに勝っても、反則をしたら負けです。

ビンタは痛いです。何度かされたら、負けた子は逃げます。
反則だし、痛いし、もう「あっち向いてホイッ!」をしたくありませんから当然です。

では、「もう、したくない」と逃げる生徒を追いかけてまで、ビンタするのはどうでしょう?

はじめは一人でした。
しかし、逃げる生徒の嫌がる姿がおかしいからと、追い掛け回す子が2~3人に増えました。
そのうち、集団で追い掛け回し、何人もの生徒にビンタをされるようになりました。
これはもう、遊びではありません。
完全にいじめです。

ビンタをされた生徒は、家で様子がおかしくなりました。
異変に気づいた生徒のお母様は、同じ学校に通うお子さんを持つ知人に学校での様子を聞いたところ、やはり「おかしいようだ」と言われたそうです。

すぐにお母様は、担任に事実関係の確認をしました。
担任の返事は「あっち向いてホイッ!の遊びだった」ということだったので、
お母様は「嫌がる子どもを追いかけて間でするのは、遊びではない!」と厳しく追及しました。

翌日、担任から
「○○の反応が面白かったからやった」と、
そして「だんだんエスカレートしていった」との報告がありました。

ビンタをした集団の中には、以前、この生徒がいじめから救ってあげた子どももいたようで、それが一番ショックだったそうです。

ビンタをした子どもたちは、「自分達から謝りたい」と言っていたようですが、
生徒は「謝罪してほしいけれど、今回のことはショックを受けているので、
謝りも集団だと怖い。ひとりひとりで謝ってほしい」とお願いしました。

ショックで学校を休んでいた生徒は、一緒に登校している子から電話をもらい、学校に行き始めました。
学校では、休み時間は副担の先生や保健室の先生が交代で、廊下や教室をみているそうです。
お母様のPTA仲間の方たちも、学校に行った際は、気をつけて見てくれているようです。

この生徒は、どこにいても私の大切な生徒です。
今でも、ご相談や連絡をいただきます。
今回も、メールや電話でやり取りしました。
良い方向に向かってくれて、とりあえず一安心です。

この生徒は、正義感が強く、正しいことを正しく行おうとする強さがあります。
しかし、残念ながら、この強さは、みんなが持っているものではありません。


痛かっただろう、怖かっただろう、口の中は血まみれになったのではないか?と、何度も何度も考えました。
私でさえ、そう考えて怒りで震えてくるのですから、
生徒の痛みや恐怖、お母様の憤りは想像を絶するものだったと思います。

いじめは身近にあります。
この仕事をしていると、本当に身近に感じます。

慣れ」が、一番怖いことを、教育の現場にいる人間は肝に銘じなければいけません。

札幌YWCAのHP(←クリック)

参考ホームページ:北海道教育委員会


にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。

スポンサーサイト

テーマ : みんなに知って貰いたい事
ジャンル : 日記

Tag : いじめ  中学生 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/160-683ce4a1


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR