学校に通うのがつらくなっちゃったら、ちょっと寄り道して元気を取り戻しましょう。いろいろな人に出会い、いろいろな事を体験して、自分にピッタリのことを 自分で見つけ出しましょう。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

札幌YWCAフォローアップスクール

Author:札幌YWCAフォローアップスクール
札幌YWCAフォローアップスクールは、不登校・ひきこもりぎみで悩んだり迷ったりしている子どもたちを、『学校に戻れるようにサポートする』という理念で、2010年5月に開講しました。学校と連携・協働することに力を注ぎ、支援しています。
私たちは、子どもとともに学びを作り上げることで、喜び・感動を共有しています。
不登校ぎみ・ひきこもりぎみ・学校になじめない・勉強が遅れている、希望の高校に入りたい・・・など、お気軽に御相談ください。

子どもたちが安心して楽しく”過ごせる””学べる”そして、なによりも”生きる力をつける”事が、私たちの願いです。

詳しくは、下のカテゴリの”フォローアップスクール概要”をご覧ください。

札幌YWCAフォローアップスクールは『とわの森三愛高等学校』のサポート校です。

一般社団法人 札幌YWCA
〒060-0807
札幌市北区北7条西6丁目
北海道クリスチャンセンター内
Tel・Fax: 011-728-8090(担当・吉田みどり)
E-mail:sapporo@ywca.or.jp
URL:www.ywca.or.jp

参考ホームページ:
北海道教育委員会
www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/
sgg/freesc/freesclist.htm

最新記事
リンク
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2アフィリエイト
フリーエリア

Y君からのFAX

お父様の仕事の都合で、4月に転校したY君。
FAXが届きましたので紹介します。(本人の許可を取っています)

短かった半年

思い返すと、この半年間は、自分が自分らしくいられ、夢のような時間でした。
まず、何といってもマリーンさんとの英会話です。毎週、テキストだけではなく、さっぽろ雪まつりなどのイベントやニュース、ドラマの話やそれに関連した歴史の話までしてとても楽しかったです。また、一緒に郵便局や北大に行って、道に迷いながらも楽しく散歩もしました。また、クリスマスパーティーでは、マリーンさんの通訳をしました。初めてで、訳すのが大変でしたが、とてもいい経験になりました。
次に、チャリティーバザーです。バザーの仕事をするのも、もちろん初めてでしたが、工夫して、食券を売ることができました。
最後に、「北の大地」の活動です。募金活動では、寒かったですが、心が温まる人たちに出会うことができました。
福島のみんなは、とても元気いっぱい、函館で雪遊びや、観光や、おいしいものをたくさん食べたりして、僕も一緒にいい経験ができたので、参加して良かったなと思いました。
今度は、札幌のプロジェクトに参加する予定です。それには、中学生が参加するそうなので、同年代として一緒に語り合うことができたらいいなと思います。そして、友達になりたいなと思います。
すばらしい経験を沢山有難うございました。


「自分が自分らしくいられた」という一文に、涙が出ました。
何にでもチャレンジしようという気持ちのY君。
夏の北の大地プロジェクト(被災地の子どもの受け入れ)で会えること、私たちも楽しみです。
小6のR君は、Y君と一緒にプロジェクトに参加することを、心待ちにしています。
高校生活を楽しんでいるAさんは「Y君は弟のような存在だったから、居なくなって淋しい」と思いだしています。
札幌に来た時は、いつでも顔を見せに来てください。
時間がたっても、Y君の居場所はちゃんとありますよ。


参考ホームページ:北海道教育委員会



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
↑をクリックしていただくと励みになります。>

スポンサーサイト

テーマ : 近況報告
ジャンル : その他

Tag : 中学生  体験学習  勉強  新地町 

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://ywcaywca.blog101.fc2.com/tb.php/129-0b1c9025


フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR